看護師の働き方と待遇

看護師のアルバイト先はどうやって探すのがベスト?

8月 25th, 2014 Posted in 看護師の求人

常勤ではなく、看護師の資格を活かした仕事をしたいと思ったら、アルバイトという選択肢があります。

看護師のアルバイトにはツアーナースやイベントナースなど、普通では経験できないやユニークなものが多く、他の仕事をしていても、空いている時間などに仕事が出来るので人気がありオススメです。

 

看護師のアルバイトの探し方

 

さて、「看護師のアルバイトを探してみたいとは思ったけど…やっぱりハローワークかな?」と考えている方はいませんか?

ハローワークにも看護師のアルバイトは掲載されているのですが、その数は少なめ。

条件や待遇はわかっても、現場の様子や実際の雰囲気などはわからないのが普通です。

何より、ハローワークや市販・無料の求人誌と言ったものには、改善できない大きなデメリットがあるのです。

それは「条件のいいところを自分で探さなくてはいけないところ」。

どうしても手間と時間がかかりますし、いいところを見逃してしまう可能性もあり、また、条件や待遇などをうっかり読み間違えてしまう可能性もあります。

更に、ハローワークでは一回に応募できる数に限りがありますので、どうしてもひと手間もふた手間もかかってしまう事になりますね。

 

看護師のアルバイトを探すベストな方法

 

では看護師のアルバイトを探すにはどこが一番ベストなのでしょう?

ここで登場するのが「看護師求人サイト」です。

知っている方は「正社員じゃないけど求人があるの?」と思われるかもしれません。

求人サイトとは、登録をする事で、数ある求人の中からこちらの指定した条件に合った仕事場を専任コンサルタントが探してくれるサービスを提供しているところです。

もちろん無料で登録する事が出来ますし、こちらが費用を負担するような事は一切ありません。

条件に合った求人探しから、履歴書のアドバイス、面接の付き添い、今働いている職場から転職希望の方なら円満退社の手続きなどをコンサルタントが手伝ってくれるので、手間や負担がなく、普段通りの生活をしながら仕事を探す事ができます。

 

この様な看護師専門の求人情報サイトでも探せます → 看護師アルバイト求人ガイド|看護師のバイトはここで探す!

 

常勤の仕事を紹介するところが多いと思われると思いますが、看護師求人サイトにはアルバイト・パートの求人も豊富に紹介されています。

質も量も良いので、看護師のアルバイトを探すなら、求人サイトを一番にオススメしますよ。

コメントは受け付けていません。

看護師が退職する際に気をつけるポイント

6月 26th, 2014 Posted in 看護師の求人

看護師が現在の病院を退職する際に、その退職を伝える時期は、相手側の業務に係る重要な注意ポイントです。

法律上は、退職日の2週間前までに申し出れば退職できますが、引継ぎ業務や新しく人を採用しなければならない場合もあるので、短くても1ヶ月前までには退職希望を伝えましょう。

 

退職理由は人それぞれで、夫の転勤等の辞めざるを得ない状況である場合は仕方ないのですが、勤務先の病院等に何らかの不満があっての退職に関しては、なるべく早くその思いを伝えれば、病院側の体制も改善されるかもしれませんし、何らかの説得に動くこともあります。

先ず、退職を決める前に相談することをお勧めします。

なかには退職を先に決めてしまい、その後に看護師 ハローワークで就職の相談などをするケースも見られますが、辞める前に一度相談して現状を変えれるかどうかの確認をした方が良いでしょう。

しかし、キャリアアップを図りたい等の理由で、退職決意が固い場合の退職の申し出は、早いほど円滑に退職手続きが進行しますし、これが退職時の気遣いとしてのポイントです。

 

また病院勤務にも当然ながら、一般企業と同じような就業規則があります。

就業規則は、普段あまり目にすることもあまりありませんが、退職についても規定されているので、退職を申し出る際には、事前に確認しておくことが重要です。

看護師と言っても法律上は、雇用契約の一方当事者です。

雇用契約には、退職に関して1ヶ月前までに申し出る旨の規定があることもあるので、十分注意してください。

 

退職に際しての基本精神は、多少精神論的になりますが、「立つ鳥、後を濁さず」です。

また、辞め方が悪いとその後の就職活動にも精神的な負い目を感じるものです。

自身を持って再就職先の病院等の面接に臨めなくなる可能性もあります。

 

実務的な退職に際する注意点は、社会保険や厚生年金、雇用保険に関する書類の確認です。

年金手帳の返還や、離職票、雇用保険の被保険者証などの交付を受けます。

コメントは受け付けていません。

看護師の待遇について

6月 18th, 2014 Posted in 看護師

医師や看護師の需要が高まる一方、人手はどんどん減って来ていると言われています。
きつい、汚い、暗いの三拍子だけでなく、命を扱うプレッシャーと、人間関係が悪ければストレスものしかかりますし、不規則な重労働で身体を壊してしまったり、心が病んでしまう場合も多いそうです。

看護師の初任給は、一般事務などと比べると比較的高く、平均して25万円を超えるそうです。
看護師の平均給与は33万円以上ですが、これには夜勤も含まれます。夜勤手当は約3500~4600くらいであり、不規則な生活の見返りとしては少し少ない気もします。
看護師長になると約40万以上、総看護師長では約50万以上の給与が与えられます。
一般的な仕事よりも高いですが、先述した通り、相応のリスクと覚悟のいる職業なので、長く続けてゆくためには根気と努力が必要になります。
また昇格・昇給の機会が少ないとされており、事務系職種と看護職のポストの給与額を比較すると、看護職の給与水準の方が低く現れてしまうのも特徴です。

しかし現在では、看護師は碌に休めず駆け回る激務で身体がボロボロ…というイメージも、だいぶ改善されてきています。
週休二日の勤務形態を採用する病院も増えていますし、完全週休二日で勤務している看護師も割合多くいます。年次有給休暇も貰えますので、労働基準法に定められたえ有給休暇をほとんどの病院が採用しています。
とはいえ気をつけなければいけないのは、有給があってもそれを使えるか使えないか。病院によっては有給を与えていても使いたい時に使うことを許さないところもあります。時期的に仕方ない場合もありますが、あまりに厳しいところは見直しが必要です。
また勿論ながら、育児休暇や介護休暇も取得出来るので、女性が働きやすい環境が整ってきていますね。

看護師の勤務形態は、3交代制と2交代制があります。
3交代制は24時間を日勤、准夜勤、深夜勤の3つに分けたもの、2交代制は日勤、夜勤の2つに分けたものを言います。
3交代制は3つに分かれているためシフトのような感覚になります。
おおよそ9時間程度で区切られて交代勤務ですので、一人ひとりの負担は減ります。
交代のタイミングで患者の状態などの申し送りという作業を行うので、引き継ぎが重要になってきますね。

看護師に夜勤はつきものですが、日勤だけで仕事を探す事もできます。給料はそれなりにはなりますが、絶対夜勤をやらなければいけないと言う訳ではありません。
最近では看護師の激務による仕事効率の低下の危険性の問題や、患者との接触時間の低下による症状見逃しの問題など、様々な問題が見直されており、優秀な看護師を迎え入れるためにも、負担を減らそうと言う働きがされています。

いくら人手不足だから競争率が低いといっても、待遇の悪いところに進んで入りたいと思う人はおりません。
またいくら給料が良くても、激務であったり碌に睡眠も休暇も取れない場所ならば、進んで働きたいと思う人もいないでしょう。

看護師の負担はこれからも見直されてゆくと思われますので、自分に合った条件の職場を見つけるのがベストです。

コメントは受け付けていません。